スイッチ交換・修理は【スイッチ110番】にお任せ下さい!

会社概要

年間施工実績 3,000件以上
ご相談無料・24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7872

フリーダイヤル0800-805-7872

してはいけないこと

業者に依頼しないで、自分で修理(交換)をするのは避けて下さい。
通常の家庭用のスイッチであれば、部品も日曜大工の取扱のあるところにいけば安価で手軽に購入することができるし、安く済むので自分で直そうと思う方がいらっしゃいます。
スイッチの交換方法は手順だけ読むとブレーカーを落とし、スイッチを交換して、元通りにするという手順なので、簡単にできそうと思えるかもしれませんが、いざ修理しようとすると、スイッチの取り外し方から種類や構造、機能、取り付け方など、とても素人にはできるものではないと気付くはずです。
場合によっては自分で修理したことによる漏電や火災のトラブルを引き起こすきっかけにもなります。
このようなトラブルを避けるためにも、絶対に自分で修理や交換をするのは避けて下さい。
スイッチの修理や交換するための情報収集の労力や、漏電や火災のトラブルを考えると、スイッチ交換・修理の業者にお願いした方が良いと思います。

してはいけない理由

自分でスイッチを直してはいけない理由は二つあります。 一つ目の理由は、「電気工事士」の有資格者でないと電気工事ができないということが電気事業法と電気工事士法によって定められていること。
電気スイッチなんて簡単じゃないかと思われるかもしれませんが、スイッチの交換も電気工事にあたるのです。
二つ目の理由は、スイッチ交換が火災原因の上位にあがっているからです。
素人のスイッチ交換が火災原因の上位に上がっていることを知ると、電気工事士に修理や交換を任せることがいかに大切かお分かりいただけると思います。
大切な家族や家を火災や事故などのトラブルから守るためにも、修理や交換は電気工事士の方にお任せしましょう。

スイッチの交換・修理ならスイッチ110番へご相談下さい!

スタッフ待機中!